東京で目頭切開を受けてきた

切開法だけしても平行二重にならないことが多い

東京は様々な美容整形クリニックがありますが、その中でも人気の高い施術として目頭切開が挙げられます。
私の場合は元々一重まぶただったので切開法で二重にしていましたが、蒙古襞が張っていたため平行二重ではなく末広二重でした。
しかし、芸能人みたいなぱっちりとした目にしたくて東京のクリニックで相談をしたところ目頭切開を勧められました。
蒙古襞は上まぶたが目頭に覆っている部分にある皮膚の襞のことで、この襞を取り除くことで目の横幅を拡大することを目頭切開と言います。
私もそうでしたが日本人の多くが蒙古襞の張っている目をしているため、切開法だけしても平行二重にならないことが多いです。
平行二重を希望する人や目をぱっちりと見せたい人は、切開法と組み合わせてされることをおすすめします。

切開法だけしても平行二重にならないことが多いまずはカウンセリングを友達にも華やかになったと言ってもらえた